素早くアイデアを実現する

Keigan Motor は、「モーター自身にロボットの機能を入れる」というアイデアから生まれた、新しいデバイスです。 メカエンジニア、ソフトウェアエンジニア、研究者、デザイナー、の強力な開発ツールとしてだけでなく、本格的なロボット制作や、動くもののアイデア実現に役立ちます。特に、「ラピッドプロトタイピング」(迅速な試作品製作)を目的としています。
 

  驚くほど使いやすい

Keigan Motor は、高性能モーターと、それを動かすための電子部品が全て搭載されている「モーターモジュール」です。 USBバッテリーで動作するため、持ち運んで使うことができます。 また、無線(Bluetooth Low Energy)で通信するため、スマートフォンやタブレットの専用アプリから、自由に動きをコントロールできます。 複数のモーターを使う場合もモーター間の配線は不要ですので、Keigan Motor を使うと、空間的な制約にとらわれず、自由度の高い設計が可能です。(※ 有線でのコントロールも可能です)
 

  モーターに機能を入れる

アプリを使って複数の Keigan Motor にそれぞれの動きの役割を割り当てるだけで、簡単にロボット化することが可能です。 ロボットのテンプレートはアップデートにより随時追加されるため、バリエーションは無数に増えていきます。 ロボットはインターネットを介して遠隔操作することもできます。  

  センサーとして使う

Keigan Motor は、ロータリーエンコーダー(角度位置センサー)やフラッシュメモリを内蔵しているため、他のデバイスがなくても単体でどのように動かしたかという動作の記憶と再生が可能です。 また、手で動かしたときの回転角度やトルク(出力軸にかかっているモーメント)を検知して入力機器として使用することができます。さらに、加速度センサーやジャイロセンサーを内蔵しており、姿勢制御などの高度な応用もできます。 つまり、Keigan Motor をセンサーとしても用いれば、モーターだけで本格的なロボットを作ることも可能です。
 
 

開発者の時間を節約します

Keigan Motor の機能をフルにお使い頂けるプログラミング環境を提供します。 お持ちのスマートフォン、マイコンやPCから、無線(Bluetooth Low Energy)及び有線(USBまたはI2Cシリアル通信)の両方にて、プログラミング開発が可能です。 Keigan Motor を使って頂くと、複雑なモーションコントロールも素早く簡単に実装できます。 複数のタスクを好きな時間に呼び出せるようにキューシステムを採用しており、 最小限のコーディングでの動作実装や、Keigan Motor の特徴でもある「記憶と再生」も可能です。 開発における SDK や API はオープンソースで提供します。    

こだわり抜いたモーターと制御システム

Keigan Motor は、速度と位置の精密な制御が可能な、ブラシレスサーボモーターと制御システムを内蔵しています。 電気自動車や産業機器で採用されている、永久磁石同期モーターのベクトル制御方式を採用し、超低速からスムーズに、かつ静かに動作します。 また、先進の電源システムにより、最大トルク 3kgf・cm 以上を出力しながら、USBモバイルバッテリーでの省エネ動作を実現しました。 さらに、従来のモーターと一線を画したプロダクトデザインを採用しつつ、目的に応じたアダプタを提供するなど「工学的な使いやすさ」を追求しました。       使い方や開発方法についてはこちらのドキュメントサイトも参照下さい。