3Dスキャナーのプロトタイプ

KeiganMotor KM-1 を 2DLiDARと組み合わせた3Dスキャナーシステムのプロトタイプにご採用頂きました。
水平方向への回転を KeiganMotor を用いて行い、弊社 C# でのサンプルコードで独自にUnityに応用して頂きました。
KeiganMotor を使用すると、モーションコントロールが簡単に実現できます。

3Dスキャナーシステムにより取得された点群データ

KeiganMotorを水平方向の回転に応用

ご採用頂いた 株式会社XVI(エクシヴィ) 藤原様より、貴重なご意見を頂戴しましたので掲載させて頂きます。

「KeiganMotor を開発中の3Dスキャナーのプロトタイプに使わせていただきました。 C#での開発プロジェクトが公開されていたため、unityへの導入が用意で 簡単かつ精密に制御できるため、工数削減に大いに繋がりました。 サポートも大変素晴らしく、開発に専念することが出来て大いに助かりました。 2DLiDARを垂直に取り付け、水平方向に回す部分を KeiganMotor に担当させています。 スキャンした点群をプレビューするためにunityからc#でシリアル通信で制御しています。」

【御礼・ご協力】

株式会社XVI(エクシヴィ)様
http://www.xvi.co.jp